内視鏡検査について

胃内視鏡検査

経口内視鏡検査について

経口内視鏡検査について

食道・胃・十二指腸の検査をするので、上部消化管内視鏡検査と言います。俗にいう「胃カメラ」です。ポリープや胃癌などを発見し、その組織を採取して詳しく調べる(病理診断)ことができます。

経鼻内視鏡検査について

経鼻内視鏡検査について

口から内視鏡を挿入する代わりに、太さ約5mm の細い内視鏡を鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸を調べる検査です。のどの奥にある舌の付け根に触れないため、ゲェーッとなる吐き気や息苦しさをほとんど感じません。ゲェーッとなる咽頭反射の強い方には経鼻内視鏡検査を勧めています。

胃内視鏡検査で分かる病気

  • 逆流性食道炎
  • 食道癌
  • 食道ポリープ
  • 食道憩室
  • 胃癌
  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
  • 十二指腸憩室
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸炎

胃内視鏡検査では、食道癌胃癌はもちろんですが、上記のような病気が分かります。
逆流性食道炎は酸性度の高い胃酸を含む胃の中のものが、食道に逆戻りして起きる病気です。胸焼け、ゲップ、酸っぱいものや苦いものがこみ上がってくるなどの症状がでます。咳の原因となることもあります。内視鏡検査では食道粘膜の発赤やただれ、潰瘍を認めます。

胃内視鏡検査前の注意事項

胃がん検診(内視鏡検査)をご希望の方は、事前に電話予約していただければ、初診で検査が受けられます。下記の注意事項をよくお読みになって受診してください。

検査前

  • 夕食は消化の良いものを21時頃までにすませ、以後は食べないでください。水やお茶はかまいません。
  • 普段から就寝前に服用されている薬は、いつものように服用してください。

検査当日

  • 朝食(ごはん、パン、味噌汁、牛乳など)は、絶対にとらないでください。
  • 起床時に水を200ml(コップ1杯)飲んでください。心臓、血圧、喘息の治療薬を服用の方はこれと一緒に飲みます。
    他の薬は飲みません。牛乳、日本茶、ジュース、紅茶、コーヒーなどは飲んではいけません。
  • 糖尿病の治療を受けている方は、薬を内服せず、インスリン注射をしておられる方は、注射しないで来院してください。
  • できるだけ排便をすませておいでください。

ご来院時

  • なるべくゆったりとした服装でおいでください。
  • 濃い口紅はご遠慮ください。
  • 検査を受ける患者様はご自身で車を運転しての来院はご遠慮ください。

大腸内視鏡検査

検査方法

おしりから内視鏡を入れて、大腸全体を検査します。ポリープや大腸癌などを発見し、その組織を採取して詳しく調べる(病理診断)ことができます。その結果ポリープを切除したり、癌で手術が必要な場合は提携病院を含めご希望の病院に紹介いたします。

検査方法

大腸内視鏡検査で分かる病気

  • 大腸ポリープ
  • 大腸憩室
  • 大腸癌
  • 潰瘍性大腸炎
  • 虚血性腸炎

大腸癌は著しく増加傾向にあります。便潜血検査で陽性となったら大腸内視鏡検査を受けてください。

大腸内視鏡検査の注意事項

検査日の予約と、検査前にお腹をきれいにするための検査食や下剤をお渡ししますので、一度受診してください。診察後、看護師より当日までの流れと検査食や下剤の服用の仕方などについてご説明いたします。

検査の2・3日前

  • 海藻類、キノコ、こんにゃくなど消化の良くない食品やバター、脂肪分の多い食品を控えてください。

検査の前日

  • 検査食を召し上がっていただきます。水分を多く摂っていただき、夜下剤を服用します。

検査の当日

  • 朝食は食べず、指示の通りに水様下剤を飲んでください。
  • 心臓、血圧、喘息で治療薬を服用の方は、通常通り内服してください。
  • 午後より検査となりますが、検査の所要時間は個人差がありますので、他の用事は控えて、余裕をもってお出かけください。

ご来院時

  • 検査の前に、軽い鎮痛剤を使用しますので、自動車・バイク・自転車を運転しておいでにならないでください。
  • 検査着に着替えますので、着替えやすい服装でおいでください。なお、女性の方は、マニキュアやお化粧もご遠慮ください。
  • 下剤を多量に服用しますので、用心のため下着とタオルをご用意下さると安心です。
  • 都合で予約日を変更されるときは、早めにご連絡ください。

たきあ胃腸科クリニックの内視鏡検査

胃がん検診(内視鏡検査)をご希望の方は、電話予約していただければ初診で検査が受けられます。
組織を採取する検査(生検)をした場合、その結果説明に遠隔診療を利用することも可能です(来院不要)。

当クリニックではシンプルで優しい内視鏡検査を目指しています。静脈麻酔薬を使った睡眠内視鏡検査もありますが、薬剤による事故も起きています。安心を考えて胃がん検診(内視鏡検査)では静脈麻酔薬を使わないことになっています。
当クリニックでもそのような薬剤はできるだけ使用しないで、楽に受けられる検査を心掛けています。

費用

<3割負担の方>

  • 胃内視鏡検査約4,600円 + 病理組織検査約8,500円(追加分)
  • 大腸内視鏡検査約6,100円 + 病理組織検査約10,100円(追加分)※個数等により異なります